バイトでも将来を見据えて

もし将来美容関係の仕事がしたいと思っているのなら、興味のある資格は取得しておいた方が戦力となるでしょう。沢山勉強して資格取得にチャレンジしてほしいです。勉強・資格取得と共に将来の戦力となるのが“経験”です。

 

 

いざ働く時に、まったくの素人とアルバイトなどで多少経験した事があるという人では、随分差が出ます。

 

 

ですから少しでも暇があるのなら、将来への手始めに美容関係のアルバイトを経験しておくのも1つの戦力だと思います。美容関係のアルバイトと一言で言っても種類は沢山ありますが、私は大学生の時にエステサロンでアルバイトしていました。

 

 

“アシスタント”という位置付けでしたが、とても丁寧に指導してもらえて勉強になりました。学生だったからか営業業務は全くなく、施術ルームのセッティング、施術後の後片付け、掃除など主でした。

 

 

 

もっと細かく言うと、お客様のロッカールームの点検や掃除、着用済みガウンの運び出し、クリーニング済みの綺麗なガウンを取りに行く、コットンや消毒液など備品の準備、施術後の個室の掃除、トイレ掃除などが主です。脱毛の際は傍で施術の様子を見る事も出来ましたし、フェイシャルの知識も間近で得る事が出来ました。

 

 

 

本当にびっくりしたのは、先輩エステティシャンの方々の美意識の高さです。とにかく皆さん綺麗。私がバイトしていたサロンは主に脱毛をメインとしていた為か、肌にムダ毛が一本もない。スベスベで陶器の様な肌の方ばかりでした。実際に施術するエステティシャンがムダ毛ボーボーでは本末転倒ですが、でもニキビとか肌荒れもありません。

 

 

 

生きる見本、お手本となる方ばかりが勢ぞろいしていて、バイトに行く度に気持ちが引き締まる感じを覚えました。ちょっと怖いのが、女だけの職場という独得の雰囲気の中に常に身を置くという事です。バイトだから比較的お気楽であるものの、これが正社員となれば・・女同士のいざこざは避けたいところです。

 

 

 

実際私がバイトしていたサロンでも女性社員同士のいざこざが多々あり、メンタルの弱い女性はすぐに辞めてしまうのが現状でした。イジメとは言い難いものの、それに近い事をしている職員もいたと思います。特に女あるあるなのですが、群れると怖いです。女ならではの威圧感が増します。

 

 

 

それでも人間関係に悩みながら揉まれながら数年経つと、凄く芯のある綺麗な女性に成長していきます。私は現在違うエステサロンでエステティシャンとして働いていますが、あの頃のエステバイトを経験しておいて良かったなと心から思っています。